スポンサーサイト

2015.04.06 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    渡邉高博さんのラダートレーニングメニュー@ステップ

    2015.04.06 Monday

    0


      ボールを持つとどうしてもスピードが落ちてしまい、相手選手に回り込まれることが多かったとしても、
      走力練習に余計な時間を1分も使うことなく、スピードを足でライバルに差をつけていくにはこちら


      あなたも、下のような悩みなんか今すぐ取っ払って、もっと思い通りにプレーできるようになりたいと思いませんか?


      スピード負けすることが多い

      ボールに追いつけない

      走り込みをしているのに、足が速くならない

      ボールを追うと加速に時間がかかる


      陸上競技の短距離ランナーの脚の筋肉の付き具合を見てみると良くわかるのですが、ふくらはぎがぷくっと膨らむように筋肉がついていますよね?
      そこでふくらはぎを鍛えれば足が速くなるんじゃないか?そんな風に考える人もいますが、それは半分正解で半分間違いです。

      短距離ランナーたちは別に、ふくらはぎを鍛えようとしてトレーニングをすることはありません。どちらかというと結果としてふくらはぎが大きくなっています。
      スピードをより出せるようになるためにとか、より速くトップスピードに達するためのトレーニングをした結果、ふくらはぎに筋肉がつくようになった、というのが正しい言い方になります。

      つまり何が言いたいのかというと、スピードを出す走り方には正しいフォームがあり、そのフォームに従って走るようにしていれば、自然と身につくべきところに筋肉がつくようになります。
      それに正しいフォームでは体を自然に無理なく動かすことになるので、膝や腰などに余計な負担をかけてしまうことがなくなります。


      スポーツの試合では単なるトラック競技とは違って、360度にわたって様々な方向に急激に進路変更しなければいけないため、
      それだけ関節に負担をかけるものの、正しいフォームが身についていれば、そうした負担を大幅に軽減させることだってできます。



      渡邉高博さんの「球技で使える」瞬間的スピード走法では、スピード強化によって実力アップをしていくだけではなくて、結果として長くスポーツを楽しめる体作りもできるようになります。
      足が速い選手が無意識のうちに身に着けてしまったコツを効率よく身に着けていくことが出来るので、1日3分程度の時間だけトレーニングするだけでも、1か月後には見違えるようなスピードが出せるようになっているはずです。

      渡邉高博さんとはちなみに、短距離ランナーとしてオリンピック出場まで果たしたアスリートで、現在はジャンルを問わず、様々なジャンルのスポーツ選手に肉体改造や走力アップの指導をしています。
      ラグビーやバレーボール、バスケットボールやサッカーなど、ありとあらゆるスポーツが渡邉高博さんの守備範囲となっているわけですが、逆に言うと、スポーツに求められる根本的な素質部分は変わらないということです。


      渡邉高博さんの「球技で使える」瞬間的スピード走法を使えば、どんな競技においても求められる正しい体の使い方を学ぶことができます。
      ボールをキャッチした後の動作をスムーズにしたり、ダッシュ方向をいち早く切り替える方法など、試合ですぐに使える動作を練習を通じて身に着け行くのですが、別に体がバキバキになるほど厳しいトレーニングをするわけではありません。

      むしろ気持ちよく汗をかく程度の練習でめきめきとスピードが上がっていき、1か月もすれば見える景色が随分と変わってくるはずです。

      単純にスピードを上げるといっても、そのためには色んな事を覚えていかなければいけません。渡邉高博さんのノウハウはどちらかというと、
      正しい体の動かし方を覚えた結果としてトップスピードや瞬発力を高めていくので、他のプレーに関しても自然とレベルアップしてしまいますよ。

      →→スムーズな動きでぐんぐん加速できるようになる渡邉高博さんの「球技で使える」瞬間的スピード走法で1対1でスピード負けしないコツとは?


      チョコレート嚢腫妊娠できるか?
      ソフトボール バッティング 体重移動
      JUGEMテーマ:スポーツ


      渡邉高博さんの瞬発力 トレーニング 方法@バレー・バドミントン

      2015.04.06 Monday

      0


        スポーツで成果を出せるようになるには、その競技特有の体の使い方であったりテクニックを身に付けなければいけませんよね。
        サッカーならば柔らかいボールタッチ、バスケットボールならば正確なボールハンドリング、そしてラグビーならば当たり負けしない姿勢などなど。

        こうしたテクニックを身に着けて初めて、試合に使ってもらえる選手になれるわけですが、テクニックを身に着けることだけが実力を左右するわけではありません。
        テクニックを使ってもちろん、相手ディフェンスをかわしたり逆に、相手の攻撃をしっかり抑え込むことができるものの、そのために相手より速いスピードで動けなければ意味がありません。

        特にルーズボールを追いかけるよう場面になれば、相手よりもいち早くボールに追いつければ、チャンスを広げることができますし、ピンチを未然に防ぐこともできます。
        いかに速いスピードをいかに短時間で出せるか?というのもスポーツでのパフォーマンスを高めるために重要な要素になるわけですが、現状では、スピードアップは軽く見られがちなのは間違いありません。

        普段の練習ではどちらかというと、テクニックを覚えるとか、フォーメーションを確認することに大半の時間を使うことになり、走力アップは後回しにされがちです。
        確かにテクニックやフォーメーション・戦術を覚えていくことも重要ですが、走力を個人の努力や身体能力に期待するのは、全体的なチーム力を下げてしまいかねません。



        渡邉高博さんの「球技で使える」瞬間的スピード走法ではそこで、身体能力を底上げするトレーニングに費やす時間を最小限に抑えることができます。
        大事な試合が近づいている場合などは、戦術確認や練習試合に多くの時間を使いたいわけですから、走力トレーニングが短時間で済ませることができれば、それだけチームプレーの完成度を高めることができます。

        渡邉高博さんの指導内容はもちろん、これまで教えてきた選手全員がスピードアップを達成している通り、無理な精神論を押し付けられるようなことはありません。
        あなたも、単純に足腰を鍛えるのではなくて、背骨を中心に正しい体の使い方を覚え、柔軟性を養っていけば、1か月後には↓のような結果を手に入れることができますよ。



        スピードを落とさずボールを運べる

        1対1でスピード負けしない

        相手のカウンターにも素早く戻って守れる

        潜在能力を引き出せる


        非理論的な理論に基づいた練習に沿って、膝に余計なダメージを蓄積させる走り方はさっさと卒業して、
        体の仕組みを上手く利用して、あなたの能力を最大限に発揮させてプレーしてみませんか?


        あなたが活躍できるチャンスをこれからも逃し続ける前に、より短い距離でトップスピードがだせるようになるにはこちら




        スキャルピング 手法




        1